オープニングスタッフとして働く歯科衛生士|開業したての歯科医院で働く道とは

歯科医院の求人を探すなかで、「オープニングスタッフ募集」という文言を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。新規で開業する歯科医院であれば、医師も歯科衛生士も歯科助手も全員が初顔合わせする段階から関係性を築きます。

今回は、オープニングスタッフとして働くメリットやデメリットについて解説します。

オープニングスタッフのメリット

早速、歯科衛生士がオープニングスタッフとして働くメリットについてピックアップ致します。

スタッフがみんな同期である

働くスタッフがみんな同期なので、人間関係を構築しやすいというメリットがあります。年齢や経験によって多少の上下関係は生まれるものの、最初から仲がいい人同士のグループができあがっていることもなく、院長とも十分なコミュニケーションを取りながら仕事に取り掛かれます。

採用されやすい

開業には何かと人手が必要です。まとまった数のスタッフを一度に必要とするため、採用されやすいのも特徴です。

特に歯科衛生士としてある程度経験を積んできた人であれば、優遇してもらえる確率も上がります。面接の際には、これまでの経験や得意分野、強みを十分にアピールしてみましょう。

一から歯科医院づくりに携われる

開業時のスタッフは、一から歯科医院づくりに携われます。什器の配置を決めたり、チラシやポップを配ったり、患者さまに手渡す用の資料やプリントを作ったり、普段なかなか関われない業務を担当できる機会に恵まれるかもしれません。

歯科医院の裏側まで見るチャンスですので、積極的に業務をおこなえば大きなやりがいに繋がります。

腰を据えて研修できる

システムの操作方法や物の保管場所など、全員一律で同じ研修を受けられます。分からないことがあっても質問しやすく、「人によって指示内容が違う」という困り事も起きにくくなるでしょう。

また、基本的なマナーや気を付けたいポイントなどを初心に返って学ぶこともできます。

オープニングスタッフのデメリット

反対に、歯科衛生士がオープニングスタッフとして働くデメリットについても紹介します。

経験がある歯科衛生士が前提

開業したての頃は、基本的な知識やノウハウを教え込める余裕がないのが一般的です。歯科衛生士として経験を積んできた人でないと、面接を通らない可能性が高くなるでしょう。

自分で調べながら仕事をしたり、分からないことはまとめて質問したりするなど、仕事を進めるうえでの工夫も求められます。

仕事が忙しく、時には残業になるケースも

これから開業する歯科医院は、非常に忙しくなる場合が多いでしょう。準備はもちろん、新しいシステムや機材になれる時間も必要ですので、リハーサルの時間も必要です。

また、来院する患者さまは全員初めて来る方であり、いつも以上に丁寧な誘導や説明が求められます。初診の患者さまとしてカルテ登録する手間も含め、しばらく忙しくなることは覚悟しておく必要がありそうです。

マルチタスクをこなさなければいけない

歯科衛生士としての仕事以外にもやらなくてはいけないことは多く、日によって携わる仕事が違うなど、流動的な行動を求められることもあるでしょう。全く毛色の違う仕事を同時進行で進めるなど、マルチタスクを処理する能力が求められます。

同時にあれこれ並行するのが苦手という人は、ご自身の工夫や人よりも努力を要するかもしれません。

まとめ

オープニングスタッフ求人は、新しい職場を探している人にとって大きなチャンスです。経験重視の採用や入職後の忙しさはある程度覚悟しておく必要がありそうですが、歯科医院を作り上げる当事者として関わることでやりがいを得つつフラットな人間関係の元で働ける、貴重な機会となるでしょう。