転職サイトの選び方とは!?それぞれの特色を理解しよう。

転職しようと思ってインターネット検索してみると、かなりたくさんのサイトが出てきてしまい自分に合うものが分からなくなってしまう人は多いものです。まずは、それぞれ異なる特色を理解することで、サイト選びや転職先選びがしやすくなります。

今回は、転職サイトの選び方について解説いたします。

総合型か特化型か

総合型の転職サイトは、年齢・職歴・業界・職種などに関わらずすべての人に門戸を開いているのが特徴です。

反対に特化型の転職サイトは、それぞれが持っている強みを活かして運営されているため、総合型サイトよりも求人数が少ない傾向にある一方、職場と求職者の高いマッチング率をキープしているのが特徴です。

歯科衛生士をはじめとした資格職転職の場合、特化型サイトの方が職場比較しやすいというメリットがありますので、いくつか実際に見てみるのがよいでしょう。

若手向けサイトとベテラン向けサイト

転職サイトは、就職して5年以内の若手・第二新卒・既卒・20代向けのサイトと、ある程度職歴や経験を積んできたベテラン向けのサイトに分かれます。

オールマイティに全世代が使えるサイトもありますが、転職の成功率や面接通過率を上げるのであれば、ある程度ターゲット層を絞ったサイトを探してみるのもよいでしょう。

得意とする業界や職種があるサイト

メーカー・ITインフラ・教育・アパレルなどの業界や、営業・エンジニア・総務経理・販売職種など、それぞれ転職サイトが得意分野を持っている場合もあります。

歯科衛生士として転職するのであれば、医療業界や歯科医院に特化したサイトを選ぶのがおすすめです。事前の職場見学を受け付けていたり歯科衛生士免許の取得日をプロフィールに登録できたりする場合もありますので、転職活動を時短化したい場合にもとても便利です。

女性の転職に特化したサイト

なかには、女性の転職に特化したサイトもあります。アパレル・接客・事務・エステをはじめとし、看護師・介護士・歯科衛生士・薬剤師などを求める案件も豊富に掲載しています。

女性が多い職場であることが分かるため応募までのハードルが低く、子育て中の人や子育てがひと段落した段階で再就職を目指す人が多いのも特徴です。

正社員向けのサイトとパート向けのサイト

転職サイトのなかでも、正社員雇用向けの求人が多いサイトと、パートやアルバイト雇用向けの求人が多いサイトとに分かれる傾向があります。自分が希望する雇用形態に合わせて選択していきましょう。

正社員雇用に特化しているサイトの場合、ビジョン・ミッション・業務範囲や求める人材について詳しく記載されており、パートやアルバイトに特化しているサイトの場合、職場の雰囲気や福利厚生について詳しく記載されていることが多いです。

転職サイトと転職エージェント

転職サイトは、インターネット上に掲載されている求人を見ながら自分で応募し、面接をしていくのに役立てられるサービスです。

一方転職エージェントは、会社に所属するプロのキャリアアドバイザーやプランナーと面談し、自分の希望をはっきりさせる時間を作った上で応募する会社や医院を決めていくサービスです。転職に関するトータルコーディネートを期待する場合はエージェントを、自分で進めつつ短期で転職先を決めたい場合には転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職までに費やせる時間や自分の性格に合わせて選んでいくのがよいでしょう。

まとめ

転職サイトによって扱っている求人の数や質が異なるため、どの転職サイトを使うかは非常に重要です。自分の特性や希望に合わせたサイトを利用し、後悔のない転職をかなえられるようにしていきましょう。