歯科医院のタイプ4選|ホームドクターや専門型クリニックなど

ひと言で「歯科医院」といっても、実はタイプが細かく分かれていることをご存知でしょうか。今回は、歯科医院のタイプについて1つずつ解説致します。

ホームドクター型クリニック

住宅街など町中にある、いわゆる「町の歯医者さん」です。かかりつけ医として地域の歯科医療を支える存在であり、乳幼児からお年寄りまで幅広い層の患者さまに対応します。

世代を超えて家族みんなで通える気軽さがある一方、口コミや評判の良し悪しが経営に最もダイレクトに反映されます。歯科衛生士や助手など、患者さまと接点の多い職種ほど、明るく笑顔で居続けることが求められるでしょう。

専門型クリニック

特定の治療や施術のみを扱う、専門分野に特化した歯科医院です。予防や虫歯治療のために来院するというよりは、医師や歯科衛生士の技術力に期待し、高い治療効果を求めて来院する患者さまが多いのが特徴的です。

小児歯科

小児歯科専門のクリニックでは、医院の雰囲気を明るくし、おもちゃやイラスト等でかわいらしく飾った内装をしていることが多いです。子どもを連れてくる保護者は、「子どもが怖がらずに通える雰囲気」や「親身になって話を聞いてくれるスタッフの存在」を重視していますので、親しみを感じられる対応をするよう心掛けます。

インプラント

インプラント治療に特化した医院では、扱っている機材や治療器具が特殊であるケースが多いでしょう。最初は分からなくても、1つずつ覚えながら仕事に貢献できるよう、常に学びの姿勢を忘れないようにしましょう。

歯列矯正

歯列矯正に特化した医院では、数年単位という長期スパンで通院する患者さまが多いのが特徴的です。患者さま1人1人の治療進度を把握し、居心地のいいサポートを心掛ける必要があります。

緊急時対応型クリニック

ターミナル駅や地域の夜間診療所の近くで開院し、日曜祝日や深夜の診療に対応している歯科クリニックです。複数の歯科医師が交代制で勤務することが多く、歯科衛生士や歯科助手の人数も十分に確保されます。

緊急で来院する患者さまが多いため、スピーディーかつ正確な判断が求められ、複数の同僚と上手くコミュニケーションを築いていく力も求められます。

高齢者・障害者用クリニック

老人ホームや支援施設の近くに開院し、高齢者や障害者を中心に診察を行うことに特化した医院です。

治療内容はさることながら、来院管理や個別対応など特殊な動きを求められることもあります。また、患者さまに対する配慮や声かけの方法などについても十分学ぶ必要があります。

何科であるかを見ながら転職するのもポイント!

歯科医院選びをする際は、医院のタイプを見ることはもちろん、何科の診療を行っているかを確認することも大切です。

広く知られている「一般歯科」以外にも、小児歯科、矯正歯科、インプラント歯科、 高齢者歯科、障害者歯科、口腔外科、口腔内科、予防歯科、歯周科、歯科放射線科、歯科麻酔科、保存科、補綴科などさまざまな科が存在します。

なかには地域の歯科医院では対応しておらず、総合病院や大学病院でのみ扱っている診療科目もありますが、自分が通院したことのない歯科医院を選ぶ際は是非参考にしてみましょう。

まとめ

歯科クリニックの幅は広く、自分が希望する働き方や職場の雰囲気によって選ぶのが長続きするコツだと言えるでしょう。

もし自分の得意分野があれば専門型医院や高齢者・障害者用医院を選んだ方が給与UPへの期待が高まりますし、オールジャンルの知識を備えつつ地域医療に貢献したい場合はホームドクター型や緊急時対応型を選びましょう。

複数の歯科医院の診療内容を比較すると分かりやすいため、求人情報だけではなく医院のHPを閲覧しにいくことも大切です。