歯科衛生士が面接を受ける際の服装は?基本マナーを押さえていい印象を与えよう

歯科衛生士として採用面接を受ける際、どんな服装で行けばいいか迷う人は多いものです。

勤務中は制服を着用するとはいえ、第一印象を大きく左右する1つの要因になりますので、基本マナーを押さえて臨みましょう。

今回は、面接に最適な服装について雇用形態別に解説致します。

正社員面接の場合

まずは、正社員として面接を受ける場合のマナーはどうでしょうか。

基本的にはスーツ

正社員面接の場合、基本的にはスーツで面接に行きます。

ブラック・ネイビー・グレーなどの落ち着いた色のジャケットを羽織ります。スカートスタイルかパンツスタイルかは好みによって使い分けて大丈夫です。

ジャケットの下には、明るい色のワイシャツ・ブラウス・カットソーを着用します。

ジャケットからインナーの裾が出ないよう配慮し、後ろ姿も美しく見えるよう整えましょう。

オフィスカジュアルも可

私服で面接に行く場合、オフィスカジュアルを意識します。

インナーの上にカーディガンやジャケットを羽織り、パンツかスカートを履くのが基本です。

夏場であれば、半袖のカットソーでもOKです。

基本的にはベーシックカラーでコーディネートしますが、季節に応じて多少のパステルカラーを入れる程度であれば問題ありません。

パート・アルバイトの場合

次に、パート・アルバイトとして面接を受ける場合のマナーです。

私服でOKな職場が多い

パートやアルバイトであれば、私服で面接に来る人が大半です。

かといって、どんな服装でもいいわけではないため注意しましょう。

デニム、Tシャツ、パーカー、ジャージなどラフすぎる格好や、ロングスカート、ミニスカート、ピンヒール、サンダルなど動きにくそうなもの、露出の高いもの、清潔感のないものは避けます。

派手で目立つことのないように意識する

私服での面接の場合、スーツやオフィスカジュアルと異なり「正解の姿」がないのが特徴です。

まずは、派手すぎて目立つことがないよう意識しましょう。

カラーをたくさん入れたものや、大きなキャラクターをあしらったもの、装飾が目立つものを避ければ十分でしょう。

共通で押さえておきたいポイント

正社員かパート・アルバイトに関わらず、共通で押さえておきたい基本マナーについても確認しましょう。

カバンや靴はシンプルに

カバンや靴は、落ち着いた色合いのシンプルなものを選択します。

また、カバンはA4サイズの書類が入るサイズのものが最適です。

歯科医院によってはその場で採用資料やパンフレットを手渡される可能性がありますので、折らなくても綺麗に持ち帰れるよう配慮するのが理想です。

ヘアスタイルやメイクもナチュラルに

医療職者としてふさわしいヘアスタイルやメイクを意識します。

面接の日にそのまま働くことはないとはいえ、前後の予定を重視したプライベート寄りの装いで行くことは避けましょう。

ブランクを経て復職する場合であっても、面接当日までにはヘアカラーを抑え、清潔感のあるナチュラルメイクで臨みます。

ネイルはNG!手先の綺麗さは意外と見られている。

マニキュア、ジェルネイル、スカルプネイルは外しておきましょう。

グローブをしているとはいえ手を患者さまの口腔内に入れて処置をする仕事である以上、手や指先の清潔感をチェックしている担当者は多いでしょう。

指輪は結婚指輪を残して外し、ピアスやネックレス、ブレスレット等の装飾品もつけないのがベターです。

まとめ

どんな職種であっても、面接時は最低限のマナーが必要です。患者さまの体に触れる仕事である以上、清潔感が求められます。

いざ面接に申し込んで日付が決まって安心したのも束の間、前日になって適切な服が見当たらず焦ってしまうことも考えられますので、なるべく早い段階から面接に使える服を用意しておきましょう。

服装や身だしなみは第一印象に大きくかかわります。面接官の印象を良くするためには、重要な要素となるのできっちり整えましょう。